当協会について

協会理念

一人一人が幸せにたくましく生きる力、
子どもたちが意欲をもって学び続ける力をはぐくむ
「ポジティブ教育」の
学校・家庭・地域における普及を行います。

協会概要

法人名 一般社団法人日本ポジティブ教育協会
代表者 足立啓美
事業内容 1. 教育推進に関する会議・講演会・研修会等の開催
2. 会報誌ならびに情報提供による啓蒙活動
3. 国内外の関連学術・教育団体との協力及び共同活動
4. ポジティブ教育を研究・教育・実践する人材の開発と支援
5. ポジティブ教育の進歩に寄与する調査研究事業
所在地 〒102-0084
東京都千代田区二番町5番地2
麹町駅プラザ9
MAIL info@j-pea.org
URL http://www.j-pea.org/

サービス内容

理事・顧問・監事紹介

代表理事 足立 啓美

Hiromi Adachi

代表理事

足立 啓美

レジリエンスジャパン推進協議会「レジリエンスを醸成する仕組み作りWG」
「子どものレジリエンス教育WG」委員
Executive Diploma in Positive Psychology and Coaching 修了
Positive Psychology Coach Program(Dr.Robert Biswas-Diener)修了
Strength Switch 公認ファシリテーター
Melbourne Graduate School of Education ポジティブ教育専門コース修了

東京サドベリースクール設立に関わり、スタッフを務めるなど国内外の教育機関で10年間の学校運営と生徒指導を経て現職。

500名を超える子ども達と過ごし、強みや才能は、どのような関わりと環境から引き出されるのかを研究。 現在は、ポジティブ心理学をベースとした教育プログラム開発、小学校〜高校、適応指導教室など様々な教育現場で、レジリエンス教育の講師として活躍中。
子ども達の学びを支援する大人の講座(PTA研修、教員研修、企業研修)の講師を務め、子ども達のウェルビーイングを包括的にサポート。
ポジティブ心理学コーチとして個々のサポートも行っている。

強み:愛情、好奇心、知的柔軟性

理事 鈴木 水季

Miki Suzuki

理事

鈴木 水季

東京国際大学大学院社会学修士課程修了
公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士
郁文館夢学園スクールカウンセラー、千葉経済大学非常勤講師

精神科病院、企業の産業カウンセリングの臨床を経て、東京都スクールカウンセラーに10年間従事し、現在は私立郁文館夢学園のスクールカウンセラー、千葉経済大学学生相談室カウンセラー兼非常勤講師を務める。
学校現場では、多くの生徒、保護者、教員の相談を受ける傍ら、教員と協働して生徒たちへの心の教育である「心理教育」の授業を手掛けてきた。
都内私立高校で「レジリエンス・トレーニング」を中高生に実施し、成果を挙げている。
その授業風景は、NHK「クローズアップ現代」、日本テレビ「世界一受けたい授業」等でも取り上げられた。
小学校~高校、適応指導教室等で、レジリエンス教育講師としても活躍中。

強み:スピリチュアリティ、愛情、創造性

理事 岐部 智恵子

Chieko Kibe

理事

岐部 智恵子

イーストロンドン大学大学院応用ポジティブ心理学 修士課程修了(MAPP)
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科 博士課程修了(Ph.D.)

子どものレジリエンスを顕在化させる養育、教育環境と個人要因(気質特性など)の関係、及びポジティブ心理学的介入法の研究が主なテーマ。
在英中は青少年自立支援施設でボランティア活動に従事、また、公立小学校に勤務し学習支援、特別支援に携わった。

強み:希望、勇気、公平さ

理事 緩利 誠

Makoto Yururi

理事

緩利 誠

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 学校教育学専攻を単位取得退学
昭和女子大学 総合教育センター 准教授
専門は教育学、カリキュラム研究

現在の主な研究テーマは、社会に開かれた教科横断型探究学習カリキュラムのデザイン。 「共創する学び」というコンセプトを掲げ、ポジティブ教育のエッセンスを取り込みながら、学校現場と一緒になって挑戦中。 個人や組織の強みや価値に着目するポジティブ・アプローチという人間育成・組織開発手法(特にAppreciative Inquiry)を用いて日本の学校教育を変革する方法について関心を寄せる。

強み:創造性、誠実さ、希望

理事 小林 美佐子

Misako Kobayashi

理事

小林 美佐子

早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了
学校カウンセリング論、動機づけ論を専攻
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程 教育コミュニケーション情報科学研究領域インストラクショナル・デザイン論専攻を単位取得満期退学

認定心理士、アスリート・フードマイスター、AGEフード・コーディネーター

心と体の健康と食が研究の主なテーマ。
現在は、早稲田大学 アカデミック・ライティングセンター指導員、小学生の算数国語教室教師、幼児プログラミング指導員などを行う傍ら、小学生から大学生、子育て世代、引きこもりや発達障がいの就労支援など、様々な方を対象にレジリエンス教育を展開中。

強み:審美眼、親切心、好奇心

理事 吾郷 智子

Tomoko Ago

理事

吾郷 智子

早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修卒業
ニューヨーク大学School of Continuing and Professional studies, Certificate of Management course 修了
イーストロンドン大学応用ポジティブ心理学修士課程卒業(MAPP)
公立高等学校教諭として約10年間勤務(公民科、地理歴史科)

ニューヨーク大学に留学後は外資系企業にて人事採用、研修等の業務に従事。
更に2012年より渡英し、応用ポジティブ心理学修士号取得。

強み:創造性、好奇心、向学心

顧問 イローナ・ボニウェル博士

Dr.Ilona Boniwell

顧問

イローナ・ボニウェル博士

博士(心理学)
英イーストロンドン大学大学院 応用ポジティブ心理学修士課程 プログラム・ディレクター(2008~2012年)
仏エコール・セントラル・パリ 客員講師(2012年〜現在)
IPPA(国際ポジティブ心理学協会)副会長(2007~2009年)、理事(2009年〜現在)
国連ブータン王国ウェルビーイング政策プロジェクトリーダー(2012年〜現在)

NHK『クローズアップ現代』で取材に答えるボニウェル博士

・欧州におけるポジティブ心理学の普及に努める。ポジティブ教育の実践と研究を実施。
・欧州初の「応用ポジティブ心理学修士課程(MAPP)」をイーストロンドン大学に創設、責任者となる。
・セリグマン教授の依頼で、ポジティブ心理学欧州ネットワーク(ENPP)を創立、第一回国際会議を主宰。
・また国際ポジティブ心理学協会(IPPA)では副会長として、世界のポジティブ心理学の普及と発展に貢献。
・現在仏・理工系名門大学院「エコール・セントラル・パリ」で経営者と管理職の心理教育に携わる。
・国連の依頼を受け、GNHで有名なブータン王国の政策を他の先進国への応用するプロジェクトを主導。
・著書はベストセラー「Positive Psychology in Nutshell」など多数。
・フランス・パリ郊外に実業家の夫と五人の子供と住むワーキングマザーでもある。
・レジリエンス・トレーニングの開発者として、NHK『クローズアップ現代』でも取り上げられた。

監事

佐藤 昭一

Shouichi Sato

税理士・AFP
佐藤税理士事務所代表
一児の父

税理士事務所勤務、リサイクルショップ経営を経て、2006年佐藤税理士事務所を開設。 著書に「『できる経理マン』と『ダメ経理マン』の習慣」がある。 自身の起業経験とITツールを活用したベンチャー企業の支援と管理部門の生産性向上を得意としている。

強み:創造性、好奇心、向学心

関連団体