お知らせ詳細

2015.08.06

認定トレーナーご活躍の様子レポート(坂井淳子さん)

弊協会の認定トレーナーの活躍の様子についてレポートいたします!

『生活習慣病と心の健康』(認定トレーナー 坂井淳子さん)

2015年8月5日、日本ポジティブ教育協会認定レジリエンス・トレーナーの坂井淳子さん(新潟市教育委員会指導主事)が、新潟県の小学校養護教諭向けに『生活習慣病と心の健康』をテーマにレジリエンスの講演をされました。

3

参加者の養護教諭の方からは「もっと話しを聞きたかった」「小学生にためしてみようと思った」

という感想を頂いたとのことです!

2

 



講師:坂井淳子

坂井淳子(日本ポジティブ教育協会認定レジリエンス・トレーナー)H27.4月取得

坂井様

現在、新潟市教育委員会指導主事。新潟大学非常勤講師(科目:健康相談と理論)。思春期保健相談員、ヘルスカウンセリング学会グループカウンセラー取得

養護教諭(幼・小・中・高等学校)(27年間)と高等学校教頭(5年間)勤務し、退職する。勤務の傍ら、健康相談や教育相談活動について学ぶ。

現在は、新潟市教育委員会指導主事(3年目)をしている。

新潟市児童生徒の生活習慣病予防対策事業、食物アレルギー対応事業、感染症・食中毒の対応(危機管理対応)健康教育や養護教諭に関わる研修・管理業務を行っている。

教育委員会においては、学校現場の状況について多くの児童・生徒、保護者、教員の声を聞くことができる。教育の基盤である児童生徒たちへの健康教育について養護教諭を中心に市内を中心に推進してきた。

今回、生活習慣と心の健康を関連づけ、レジリエンスについて今回、小学校の養護教員(約120名)を対象に話をする機会を得た。

 

お知らせ一覧に戻る